相続・遺言の弁護士 茨城県水戸市の中城法律事務所

電話 029-306-9251

平日 10:00~18:00

事前にご予約をいただければ

時間外・休業日も対応可能です

遺産分割協議がまとまらない場合

遺言がない場合、相続人は遺産分割協議をしなければ、不動産名義変更も、預貯金の払い戻しもできません。しかし、遺産分割協議がスムーズに進むとは限りません。話し合いがまとまらない場合もありえます。

こういう場合にも、相続の手続きができるように、遺産分割調停という制度と、遺産分割審判という制度が用意されています。

調停は、調停委員という第三者を交えて話し合いをするものです。

調停でも話し合いがまとまらなければ調停は不成立となり、審判という手続きに移行します。

審判は、裁判所の決定です。裁判所が分割内容を決めますが、基本的に法定の相続分に従って決めます。ただ、不動産も法定相続分に応じて共有となる可能性が高いので、それでは困るという相続人は、代償金を払うなどして話し合いをまとめる方に努力する必要があるでしょう。

相続・遺言に戻る